ELEKIT

企業情報

沿革

1949年 嘉穂無線株式会社創業。家電製品とその周辺パーツの小売店。その後1963年に福岡市天神に進出。
1973年 電子工作キット5種類を開発・発売。
1977年 エレホビー事業部を設立し、電子工作キットを全国で販売開始。
1980年 ロボットキット「MOVIT」シリーズ発売開始。
1982年 人型・マイコン制御・音声合成ロボット「PAL」開発。
1983年 海外輸出開始。
1985年 つくば科学万博に「MOVIT」出展。
「TOY FAIR」へ出展(パリ、ニューヨーク)。
「電子工作通信講座」開始。
1986年 プログラムロボ「WAO」がアメリカのスミソニアン博物館に展示。
1988年 学校教材販社と契約し、学校教材として販売開始。
創業者他界に伴い、代表取締役社長に柳瀬真澄就任。
1991年 USA TODAY誌に「役立つ電子キット」として報道され、教育教材として世界で認知される。
1994年 嘉穂無線株式会社から分社し、「株式会社イーケイジャパン」設立。
2002年 代表取締役社長に井口秀実就任。
2003年 ロボカップ世界大会の公式スポンサーとなる
「エレキット工作教室」を開始。
2006年 工作教室参加者が累計1万人突破。
2008年 新シリーズ「再生可能エネルギー・エコ関連商品」の販売開始。
2011年 代表取締役社長に柳瀬隆志就任。
ハイブリッド真空管アンプ「22[tu:tu:]」が英国D&ADアワード イエローペンシル賞ノミネート。米国サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)永久所蔵品に選定される。
2013年 ポータブル真空管アンプ「TU-HP01」が第15回福岡デザインアワードで優秀賞受賞。
2014年 嘉穂無線ホールディングス株式会社の100%子会社となる。

企業情報