ELEKIT

フォロ(MR-9107)で足の組み立て方を間違ったのでB1をはずしたいのですが・・・

フォロの足の組み立て方を間違えたのでB1をはずして組み立てなおしたいというお問い合わせをたびたびいただきます。
しかし、次のようにすればB1をはずす必要はありません。

1. A1を取り付ける向きを間違えてしまった場合
フォロA1裏返し.jpg
説明書19ページでB1を取り付けたA1を、黒いA5に取り付けるとき、A1のウラ・オモテを間違えてしまい修正したい場合は、写真のようにA1を持ってクルッと裏返せばOKです。
フォロA1回し.jpg

また、A1のウラ・オモテが説明書のイラストと逆になっても、フォロの動きには何の問題もありません。
フォロが完成した時、足部分の見た感じがツルッとした面が外を向くか、ミゾがある面が外を向くかの違いだけです。
B1の向きも説明書のイラストと向きが違うようになることがありますが、これもフォロの動きには何も問題ありません。
フォロB1A1向き.jpg

どうしても説明書のイラストと同じ向きにしたい場合、B1をA5からはずすのではなく、A1だけをいったんはずしてから向きを整え、もう一度A1を取り付ければOKです。
フォロA1のみはずし.jpg

2. A16を取り付ける向きを間違えてしまった場合
フォロA16裏返し.jpg
説明書20ページのB1を取り付けたA16を、黄色いB13に取り付けるとき、A16のウラ・オモテを間違えてしまい修正したい場合も、A1の時と同じように写真のようにA16を持ってクルッと裏返せばOKです。
フォロA16回し.jpg

また、A16のウラ・オモテが説明書のイラストと逆になっても、A1のときと同じくフォロの動きには何の問題もありません。
B1の向きも、これもフォロの動きには何も問題ありません。
フォロB16A1向き.jpg

説明書のイラストと同じ向きにしたい場合にはB1とA16をいったんはずしてから向きを整え、もう一度A16を取り付ければOKです。
フォロA16のみはずし.jpg

3. A2を取り付ける向きを間違えてしまった場合
説明書23ページでB15を取り付けたA2を取り付けるとき、A2のウラ・オモテを間違えてしまった場合は、いったんB15を取り付けたA2をはずして向きを整え、取り付けなおしてください。
また、A2もウラ・オモテが説明書のイラストと逆になっていても、フォロの動きには何の問題もありません。
フォロA2いったんはずし.jpg フォロA2バラバラ.jpg フォロA2付けなおし.jpg

4. どうしてもB11をA15やB13からはずしたい場合
上記のように修正すればB1をはずす必要はないのですが、どうしてもはずしたい場合は次のようにしてください。
B1を取り付けたA1またはA16の、B1とのつなぎ目をにぎり、それらを取り付けたA5またはB13をしっかり持ちます。
フォロB1はずし根元持ち.jpg
B1がまっすぐになるように力を入れて抜きます。このとき、かなりの力が要りますので、大人の方にやってもらいましょう。
フォロB1はずし.jpg

※絶対にやってはいけないこと!
B1が抜けないからといって、B1のツメをニッパーなどで切ってしまわないようにしてください!
フォロB1切ってはダメ.jpg
このツメを切ってしまうとB1はもう使えなくなってしまいまい、フォロが歩くたびに足がはずれてしまいます。

関連商品一覧

お客様サポート

製品に関するご質問 FAQ

製品以外のご質問